湯の里 渓泉 (ゆのさと けいせん)

古くから湯治場として親しまれてきた国東半島のほぼ中央にある温泉宿。これぞ温泉という硫黄泉ならではの玉子が腐った臭いが特徴の名湯です

住所
〒872-1405 大分県国東市国見町赤根180
交通
JR日豊本線「宇佐」駅下車、タクシー約40分
駐車場
有り
powered by旅くら